すべてが身長わずか54センチの「世界一小さな子ども」―湖南省になる: 社労士受験

すべてが身長わずか54センチの「世界一小さな子ども」―湖南省になる

元気良く育って欲しい。こういう人がきちんと生きられるかがその社会が良い社会かどうかのバロメーターだ。汚染の影響だろうな。優しいお母さんの愛情をたくさんもらって、がんばれ!シャオシャオちゃん!親が見捨てず、愛情を注いでいるのが救いな話でした。見せ物なんかにするべきじゃないだろ。ちっちゃい女の子はキライではないが、さすがにちっちゃすぎる。見世物見世物言うが、既にその手の糞業者がこの子を60万で、買いに来てるよ。当然、断ったそうだ。医者も、この子を諦める様に促したが両親はこの子の為に財産を投げ打つ覚悟だ。この子は、おそらく言葉も話す事は出来ないだろうとの事だがなんともやり切れない話だ…何も知らないのに、中国人だからとこの両親に失礼な事言ってるカスは心の成長が止まってるんだろうよ…環境汚染が凄すぎる国だからっ!たぶん環境汚染か食物汚染によるものだろうな、かわいそうに…何事もなく健康で長生きしてほしいです
012年7月20日、新浪網は「世界で一番小さい子ども」となった梁暁暁(リャン・シャオシャオ)さんについて報じた。

ブルガリア語での『ドヴロ ウートロ』は『おはよう』のことです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。