おい、俺が本当の中国首相、「不動産価格抑制を長期的政策に」を教えてやる: 社労士受験

おい、俺が本当の中国首相、「不動産価格抑制を長期的政策に」を教えてやる

中国の土地は全て国有または集団所有です。そんなものに投資する奴はアホ。チャイナバブル崩壊の足音が聞こえとる^^。中国首相、「不動産価格抑制を長期的政策に」バブル崩壊のはじまり×2〜壊国してしまえ。世界のためになるぞ。いよいよ暗黒経済の入り口まで来ましたね。中国の経済が失速すれば世界的にも影響は大きいけど中国自身は、存亡の危機に直面するでしょう。こないだ目を通した本に”2014年中国は崩壊する”と言う本があった。題名を見ればわかる「反中本」なわけだが、著者がおもしろいエピソードを紹介していた。著者が中国のマイカル出先に勤務していた時のこと、地方有力者に取り入らねばならない。どうするか?中国人のコンサルタントが教えてくれたのは「カネは1度きり。時間とともにその記憶も薄れる。また数字で表せるものだから、金額の多いほうに流れる。この場合、カネより出店するテナントの権利を格安で2〜3渡すのが正しい。マイカルが繁盛すれば彼も儲かる、何か問題が出来ても助けてもらえる」とアドバイスされたとの事中国人にとり、役職権限は給料のようなもので権限を与えられた分行使しなきゃ損、との観念があるとのこと。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。