統計から読む中国中央軍事委員会が海南省三沙警備区の設立を許可: 社労士受験

統計から読む中国中央軍事委員会が海南省三沙警備区の設立を許可

そのうち勝手に尖閣にも怪しげな機関を作ってきそう。ナチスみたいなやつらだ。野田君、早く手を打たないと、尖閣省釣魚町にされてしまうぞ!本性出ましたね、中国の侵略の野望が。困ったもんだ。西沙・南沙諸島の領有権は、米国・フィリピン・ベトナム・マレーシア・ブルネイ・日本の問題である。サンフランシスコ講和条約第4条、22条、23条、25条に明記されている。中国は関係ない!!文句があるなら、ハーグの国際司法裁判所に出て来い!!三沙警備区なんて捏造はシナ馬鹿の脳内妄想。南京大捏造と同根。シナボケには沿岸12カイリの権利しかない。南シナ海には、ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドネシア・ブルネイの領海&EEZだけが存在し、シナ糞にはただの少しの権利さえも存在しない。北京の役所の妄想文書に止めておきなさい。妄想は馬鹿でもできる。兵隊や民兵を押し出したらただでは済まないぜ。それとは別に、ベトナムは海南島警備区をフィリピンは西フィリピン海警備区を、日本は北京警備区でも設置しましょ〜♪ 民兵も編成するか?
中国共産党中央軍事委員会は19日、中国人民解放軍広州軍区の要請に対し、「中国人民解放軍海南省三沙警備区」の設立を許可した。警備区は、おもに三沙市管轄区の国防関係の動員と民兵、予備役関係作業、軍側と地方との関係調整などの任務を行う。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

◆生きる勇気を持たないものは、 戦う前に消えていくbyMASTERキートン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。