社労士の業務: 社労士受験

社労士の業務

社労士の業務
1号業務<届け出代行業務>
労働及び社会保険に関する法令によって行政機関(公共職業安定所、労働基準監督書、社会保険事務所等)へ提出が義務づけられている申請書・届出書などを、事業主に代わって作成したり、提出手続きを代行したりする業務。
2号業務<事務代理業務>
労働及び社会保険に関する法令に基づく帳簿書類の作成や行政官庁が行う調査・処分に対して、事業主に代わって申し立てなどを行う業務。
3号業務<コンサルティング業務>
人事労務のコンサルトとして、採用から賃金、退職金、労働時間、年金など労務管理についての相談指導を行う業務。
タグ:社労士

カテゴリー:社労士の業務
エントリー:社労士の業務
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。